« 裁判報道される前に | Accueil | 創価大学法科大学院では「10数時間程度なら起訴後の取調べも無問題」と教えているのでしょうか。 »

29/03/2009

国策捜査に負けてあっさり身を引くことは,誘拐犯にあっさり身代金を渡すようなものだ

 町村先生が次のように述べています。

 他方異論噴出という参議院議員の会合のニュースもあり、何が何だか分からないが、ともあれ結束を乱さないとかいうことを優先し、党として国民に理解を求められるかどうかの判断能力がなくなっていることを露呈している。

 選挙のことだけを考えたら,小沢さんが党首の座を退いた方が楽だということは,皆さんわかっていると思います。ただ,刑罰法規を新たに(拡張的に)解釈適用して政敵の関係者を逮捕・起訴すれば政敵を辞任に追い込むことができるという「成功体験」を検察に与えてはいけないということなのではないでしょうか(民主党内の反小沢グループには,仙石さん,枝野さん等弁護士出身者がいるわけですが,弁護士出身者としては,検察のこのようなやり口に乗ずるというのは相当の抵抗感があるのではないかという気がします。)。国策捜査に負けてあっさり身を引くことは,いわば,誘拐犯にあっさり身代金を渡すようなものですから。

« 裁判報道される前に | Accueil | 創価大学法科大学院では「10数時間程度なら起訴後の取調べも無問題」と教えているのでしょうか。 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 「世論調査」をみれば、民主党は、小沢支持を貫けばよいとわかる。 [ふじふじのフィルター]
 本日(27日)づけ東京新聞に、共同通信社が25、26日に行った全国緊急電話世論 [Lire la suite]

« 裁判報道される前に | Accueil | 創価大学法科大学院では「10数時間程度なら起訴後の取調べも無問題」と教えているのでしょうか。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31