« 学者として恥ずかしいレッテル貼りがどっち? | Accueil | 「小宇宙化」するブログ »

29/04/2009

socialism for the rich and neo-liberalism for the poor

 一時期,OECDの見解を盾にとって日本に雇用規制の緩和を迫った経済評論家がいたようですが,France24に掲載されたOECDの見解は重視していただけないようです。

When people see a trillion dollars being spent to try to bail out the banking system, and then when people are losing their jobs and the government says, well, they can't intervene -- that's socialism for the rich and neo-liberalism for the poor -- and we must not go down that road.

 我が国でも,貧しい人のための救済に公的資金を用いることを提言する人については社会主義だの極左だのと罵る割に,銀行の国有化についてはあっさり賛同してしまう方もわずかながらいるようですが,そんなところまで落ちぶれてはいけない,というのがむしろ「国際的なコンセンサス」なのでしょう。


【追記】

 濱口桂一郎先生からご指摘いただきましたとおり,上記引用文の話者は「Evans」さんですね。引用文の前の段落に「said Evans」とあるのを見落としていたため,引用文直前の「He added」の「He」を「The OECD」と勘違いしていました(そういえば,英語の場合,The OECDの人称代名詞はitですね。)。




「学者」と「評論家」の線引きをどこに置くのかについては議論があるようです。本人が「学者」と名乗れば「学者」なのだという考え方もあるのかもしれませんが,それでは身の程知らずな方がこぞって「学者」になってしまいそうで,具体的妥当性を欠くように思われます。大学に籍を置いていれば「学者」かというと,最近は,客寄せパンダよろしく,少し名が通った人を「客員教授」等に迎える運用が広くなされているようですので,それもどうかなあという感じがします。大学や大学院等で客員教授等のポストを与えられていても,一般向けの解説や提言を行うのが活動のメインであって,研究者向けに高度な内容の論文を書いたりすることが少ない方は,学者というより評論家といった方が実態に合っているように思います。

« 学者として恥ずかしいレッテル貼りがどっち? | Accueil | 「小宇宙化」するブログ »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

« 学者として恥ずかしいレッテル貼りがどっち? | Accueil | 「小宇宙化」するブログ »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31