« 「隣の葡萄はきっと酸っぱい。だから全部引っこ抜いてしまえ。」みたいな | Accueil | 「『就職氷河期』世代の非正規社員」問題を単なる「錦の御旗」として掲げる人々 »

09/05/2009

そんな設備に投資する企業

 「労働力調査詳細集計(速報)平成20年平均結果の概要」によれば,結婚・出産に伴う自発的な正規労働→非正規労働という移転がさほどない男子労働者について言えば,15〜24歳(在学中の者を除く)ですら,非正規社員の割合は28.6%,いわゆる氷河期世代を含む25〜34歳で14.2%ということで,この世代すら正規社員が圧倒的です。いわゆる「終身雇用」,すなわち,法律上解雇制限のある期限の定めのない雇用の恩恵を被っているのがごく僅かしかいないかのような誤った情報を近時繰り返し流している方もいるようですが,その方の統計の読み方というのはとても特殊ですので,真に受けない方がよいでしょう。

 なお,「労働力調査詳細集計(速報)平成20年平均結果の概要」の第9表によれば,「正社員→正社員」の転職は平成16年以降も一貫して7割を超えているのに対し,「派遣・契約社員等→正社員」の転職は平成17年の約44%をピークに急激に下落し平成20年で28%になっていることがわかります。このことからすると,正社員についての解雇制限を撤廃すると,現在正社員の地位にある者が解雇されて,その分現在派遣・契約社員の地位にある者がこれに置き換わって期限の定めのない直接雇用を受けられるようになるのかというと,それはなおも少数にとどまるように思われます。それは,新卒とは別に即戦力を欲して正社員の中途採用を行う企業にとって,正社員としての教育を受けていない人材を敢えて正社員として中途採用するインセンティブがさほど生じないからではないかと思われます。そういう意味では,正社員についての解雇制限を緩和して経営者が正社員を恣意的に解雇できるようになれば,正社員経験がないまま30代に突入してしまった人々が,現在正社員の地位に収まっている人々に代わって正社員として採用されるようになるのかといえば,それは期待薄であるというべきでしょう。

 池田信夫さんは,

NHKの番組では「物への投資から人への投資へ」と言っているが、日本で人的資本への投資をさまたげているのは、そのリスクをヘッジする手段がないことだ。企業が設備投資するとき、その設備が使い物にならないとわかっても転売不可能で、40年近く使わなければならず、運用コストが4億円以上になるとすると、そんな設備に投資する企業はないだろう。正社員は、そういうハイリスクの投資なのだ。

等と言っているようですが,1年平均1000万円ってなんてNHK!っていう点はともかくとしても,実際には多くの企業が,経営状態が好転すると,新卒採用を増やすところからも,池田さんの見立ては実際に合致していないことがわかります。実際昨年までの企業の新卒採用意欲は相当なものでしたし,平成21年2月16日の予算委員会公聴会にて株式会社リクルートワークス研究所所長の大久保幸夫氏は,

 一方、このような厳しい雇用情勢の中で、前回のバブルのときとはちょっと違った動きもございます。その代表的な動きが新卒採用でございます。新卒採用については、このような雇用調整の中にあって、比較的手がたい動きをしております。

 これは、昨年末調査したところによりますと、約半数の企業が、景気の明らかな後退期にあるけれども、新卒採用の数は変えないという回答をしております。これは、実際にかなり多くの会社に直接そのニュアンスについて質問をしてみましたけれども、各社、役員会で随分議論を続けておりまして、バブル崩壊直後にしばらく新卒採用の抑制を行っておりましたが、そのときに組織構造のゆがみがかなりでき上がってしまって、しかも下が入ってこないということで、その上の層の人材育成といいますか、成長に大きな禍根を残してきた。そのことに対する企業の中における反省がかなり行われておりまして、新卒採用については手をつけたくないという気持ちが現在のところ強く働いているようでございます。

 ただ、その後、年度末に向けて利益の下方修正などが行われておりまして、大分そのニュアンスは変わってきているのではないかというふうに感じておりますが、今月、再度改めて当初の予定に変更はないかというふうに聞いたところ、下方修正をするという企業は七%程度ございました。逆に言うと、七%程度ですので、来年春に卒業する新卒の採用については、マスコミで巷間言われているような就職氷河期の再来というほどの落ち込みにはならないだろう、こういう見方を私は持っております。

と答えており,経営状態が許せば新卒採用をしていきたい,池田さんの言葉を借りるならば,「そんな設備に投資」していきたいという企業は相当多いと言うことになろうかと思います。

« 「隣の葡萄はきっと酸っぱい。だから全部引っこ抜いてしまえ。」みたいな | Accueil | 「『就職氷河期』世代の非正規社員」問題を単なる「錦の御旗」として掲げる人々 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: そんな設備に投資する企業:

« 「隣の葡萄はきっと酸っぱい。だから全部引っこ抜いてしまえ。」みたいな | Accueil | 「『就職氷河期』世代の非正規社員」問題を単なる「錦の御旗」として掲げる人々 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31