« 度重なる「読み間違い」の何が問題か。 | Accueil | 相当性の立証がわずかに欠如しているのではなく、資料の読み方が飛躍しているのだ »

12/08/2009

Economist誌の常識というのは世界の政治・経済の指導者の常識?

 池田信夫さんが次のように述べています。

彼と話していて恐いと思ったのは、Economist誌の常識というのは世界の政治・経済の指導者の常識でもあるわけで、そこから見て日本が「わかりきったことを実行できない変な国」と見られているということは、日本は世界のリーダーからも同じように見られてるんだな、ということです。

 もし,Economist誌の常識というのは世界の政治・経済の指導者の常識だとすると,Ecomonist紙は,世界の政治・経済の指導者の言動を概ね肯定的に報じ,論評しているのだろうということが予想されます。しかし,私も英語の勉強がてらEcomonist紙を定期購読していますが,Economist紙は,日本以外の国の政治・経済の指導者に対しても,基本的に辛辣なメディアのように見えます。つまり,Economist紙の常識と世界の政治・経済指導者の常識は食い違っているように見えます。別にEconomist紙を非難しているわけではなく,世界の政治・経済指導者の常識とは異なる常識を持ち,そのような観点から世界の政治・経済指導者を論評するからこそ,Economist紙はジャーナリズムを体現できているのではないかと思うのです。

« 度重なる「読み間違い」の何が問題か。 | Accueil | 相当性の立証がわずかに欠如しているのではなく、資料の読み方が飛躍しているのだ »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

« 度重なる「読み間違い」の何が問題か。 | Accueil | 相当性の立証がわずかに欠如しているのではなく、資料の読み方が飛躍しているのだ »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31