« 減額だ!理由は教えてやらない!だけど、とにかく減額だ! | Accueil | 取調担当官のやり口を隠蔽する「ダシ」としてしか尊重されない被疑者のプライバシー »

08/08/2009

罪を憎んで芸を憎まず

 酒井法子さんに対し覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕状が出たことを受けて,最高裁は,酒井さんが主演として出ている裁判員制度の広報用映画「審理」の使用を自粛することとしたそうです。決定したのが最高裁だけに,推定無罪との関係を問題視する方は少なくないようです。しかし,そういう問題でしょうか。

 「罪を憎んで人を憎まず」といいますが,まして作品を憎み退けるのは間違っています。まして,映画は,多くの人の汗と涙とセンスと投資の結晶であり,主演とて,そのごく一部を担うに過ぎません。たかだか主演が犯罪を犯したというだけで,その作品をお蔵入りさせてしまうなんて,倫理的にいえば,本来許されるべきことではありません。

 「ABBEY ROAD」も「TAXi4」も発売を自粛されていませんが,それで何ということはありません。

« 減額だ!理由は教えてやらない!だけど、とにかく減額だ! | Accueil | 取調担当官のやり口を隠蔽する「ダシ」としてしか尊重されない被疑者のプライバシー »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 罪を憎んで芸を憎まず:

« 減額だ!理由は教えてやらない!だけど、とにかく減額だ! | Accueil | 取調担当官のやり口を隠蔽する「ダシ」としてしか尊重されない被疑者のプライバシー »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31