« 風が吹けば桶屋が儲かるというレベルの話 | Accueil | 褒美銀と公開処分の差 »

10/10/2009

捜査機関の下請け機関に成り下がった記者

 Winny幇助被告事件に関して,NHKの京都支局に属する記者が弁護妨害をしたことが話題となっています。

 NHKはそのような事実があったことを認めて謝罪したとのことですが,これは謝って済む問題ではありません。これは,報道機関と権力(とりわけ捜査権力)との癒着の問題だからです。

 このエピソードからは,報道機関が,警察又は検察のいわば下請機関として,被疑者を「自白」に追い込む役割を担っていた可能性が窺えます。実際,報道側の利害からすれば,真っ向から裁判で争ってくれた方が盛り上がってくれて好都合なはずなので,問題の記者は,直接的な職業的利害に反することをしています。また,Winny事件では現役の某検事とおぼしき人が匿名コメントで,壇弁護士に対し,争っても無駄だから恭順策をとるように働きかけていた時期であって,「正規の手続外で,恭順策をとるように働きかける」という検察側のスタンスに合致した行動であるといえそうです。

 そういう意味では,NHKとしては,問題の記者を社内調査し,なぜこのような内容の手紙を出したのか,警察・検察からの働きかけはあったのか,等を公表すべきです。他のメディアも,この件に関し,壇先生を追いかけている暇があったら,NHKに対し,この記者の取材をさせろと要求すべきです。

 ひょっとしたらNHKはまだ問題の重要さを判っていないのかもしれないですね。警察・検察と癒着した記者の取材になど応じたら,オフレコ情報も警察・検察に筒抜けになる可能性があるし,身元を明らかにしないことを条件に取材に応じても警察・検察には身元が報告されてしまう可能性があるということです。報道機関として,最低限の信頼の問題なのです。

« 風が吹けば桶屋が儲かるというレベルの話 | Accueil | 褒美銀と公開処分の差 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

« 風が吹けば桶屋が儲かるというレベルの話 | Accueil | 褒美銀と公開処分の差 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31