« 現実主義者であるとの誤信 | Accueil | 別の可能性を考える想像力 »

09/12/2009

匿名至上主義者にお似合いなのはソマリア

 企業法務マンサバイバルというブログに次のようなことが書かれています。

このネット上の匿名・実名論争は何度も繰り返されていますが、あなたがこの議論に終止符を打ちたいのであれば、質問をこう置き換えて自問自答してみることをおすすめします。

「明日からあなたが住む国に、リアルでの匿名活動を一切認めないという規制ができるとしたら、あなたはこの国で暮らしていこうと思いますか?」

私はもはやネットはリアルそのものだと思っているので、ネット上での匿名規制ができることは憲法上の自由を失うことに等しいと考えます。

あなたが「ネット上の匿名活動は規制すべきである」と声高に主張される際は、「自分自身のリアルにおける匿名活動の自由を捨ててもかまわない」という覚悟と勇気の持ち主であるかどうか、胸に手を当てて考えてからの方がいいでしょう。

 私は、むしろ、質問をこのように置き換えて自問自答してみることをお勧めします。

明日からあなたが住む国に、司法権に服するか服しないかを個々人が自由に選択することができるという法制度が採用され、長きにわたりリアルでの違法行為、犯罪行為の被害にあっても、加害者が「司法権に服しない」という選択をしていた場合には、民事及び刑事的な救済を受けることができず、ひたすら泣き寝入りするしかないということになったとしたら、あなたはこの国で暮らしていこうと思いますか

 私ももはやネットはリアルそのものだと思っているので、ネット上での匿名規制を行わないことは憲法上の司法的救済を受ける権利を失うことに等しいと考えます。

 リアルの世界でも無政府状態がお望みの方だけ、「ネット上の匿名活動は規制されるべきではない」と声高に叫んでいたらいいのではないでしょうか。

« 現実主義者であるとの誤信 | Accueil | 別の可能性を考える想像力 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 一般人にとっての匿名と、誰からも匿名との間に横たわる透明だけど果てしなく高い壁 [企業法務について]
企業法務マンサバイバルのtacさんと小倉先生のやりとりを横から眺めて感じたこと。 tacさんがこちらのエントリーで このネット上の匿名・実名論争は何度も繰り返されていますが、あなたがこの議論に終止符を打ちたいのであれば、質問をこう置き換えて自問自答してみることを...... [Lire la suite]

« 現実主義者であるとの誤信 | Accueil | 別の可能性を考える想像力 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31