« 石川議員の供述内容を知りうる立場の「小沢氏側の関係者」? | Accueil | どこかに就職しなければならないという考え方は古くはない »

30/01/2010

公共心のあるテレビ局の人が金輪際使うべきでない人

 城繁幸さんが、OECDの雇用統計について、次のように述べています。

だが、この「雇用保護の厳格性」(Strictness of employment protection)を文字通りに 受け取ってはならない。
以前も述べたとおり、この数値は以下の3つの指標を総合したものだ。
1. 手続きの不便さ
2. 会社都合解雇の場合の告知期間と補償額
3. 解雇の難しさ

 OECDによれば、この指標は、

  1. Individual dismissal of workers with regular contracts
  2. Additional costs for collective dismissals
  3. Regulation of temporary contracts

の3つのサブ指標を総合したものとされています。あれ、既に城さんの解説は、OECDのものと異なっているようです。

 なお、「Individual dismissal of workers with regular contracts」に関して雇用保護が緩やかな順に並べると、

United States0.56
Canada 1.17
United Kingdom 1.17
Switzerland 1.19
Australia 1.37
Denmark 1.53
New Zealand 1.54
Ireland 1.67
Italy 1.69
Hungary 1.82
Belgium 1.94
Poland 2.01
Japan 2.05
Iceland 2.12
Austria 2.19
Norway 2.20
Mexico 2.25
Greece 2.28
Korea 2.29
Finland 2.38
Spain 2.38
Slovak Republic 2.45
Turkey 2.48
France 2.60
Luxembourg 2.68
Sweden 2.72
Netherlands 2.73
Germany 2.85
Czech Republic 3.00
Portugal 3.51

 OECDの統計を見る限り、日本は正規雇用労働者の保護も、世界水準で見るとさほど手厚くないようです。

 さらに、OECDの報告書を見ていくと、「Individual dismissal of workers with regular contracts」はさらに、

  1. procedural inconveniences that employers face when starting the dismissal process, such as notification and consultation requirements
  2. notice periods and severance pay, which typically vary by tenure of the employee
  3. difficulty of dismissal, as determined by the circumstances in which it is possible to dismiss workers, as well as the repercussions for the employer if a dismissal is found to be unfair (such as compensation and reinstatement).

に分類されるとされています(6頁)。城さんは、「Individual dismissal of workers with regular contracts」を構成する要素のことを、「Strictness of employment protection」を構成する要素と勘違いされたのかもしれません。

 ただ、城さんは、 よって、議論すべきは3番となる。

ちなみに、この指標での日本の順位は、最新データである2008年度版ではOECD加盟30カ国中第一位。 栄えある「先進国で一番正社員が解雇しにくい国」となっている。
「日本の解雇規制は厳しくない」どころの話ではないのだ。※

と述べており、

※リンク先の「Individual dismissal of workers with regular contracts」項参照のこと。
  生データについては同じリンク先にあるExcelシート参照。

と述べているのですが、「difficulty of dismissal」について、「日本の順位は、最新データである2008年度版ではOECD加盟30カ国中第一位。」とする情報は、「リンク先にあるExcelシート」には掲載されていないよう見えます。

 「OECD Indicators of Employment Protection」からリンクされているxlsファイルは2つ。うち、「Employment protection annual time series data 1985-2008」をみると、正規雇用労働者の解雇の難しさを示す指標として、「REGULAR3_v1」と「REGULAR3_v3」の2つを用意しており、それぞれ「Difficulty of dismissal - calculated as unweighted average of items REG5, REG6, REG7, REG8」、「Difficulty of dismissal - calculated as unweighted average of items REG5, REG6, REG7, REG8, REG9」と定義されています。

 REG5〜REG9については、

REG5Definition of justified or unfair dismissal
REG6Length of trial period
REG7Compensation following unfair dismissal
REG8Possibility of reinstatement following unfair dismissal
REG9Maximum time to make a claim of unfair dismissal

と説明されています。

 で、「REGULAR3_v1」については、

United States0.50
United Kingdom 1.25
Israel 1.25
Iceland 1.33
Switzerland 1.50
Denmark 1.50
Australia 1.75
Belgium 1.75
Poland 1.75
Canada 2.00
Ireland 2.00
South Africa 2.00
Spain 2.25
New Zealand 2.25
Turkey 2.25
Hungary 2.50
Czech Republic 2.75
Finland 2.75
Greece 2.75
Netherlands 2.75
Slovak Republic 2.75
France 2.75
France 3.00
Korea 3.00
Luxembourg 3.00
Germany 3.25
Italy 3.25
Japan 3.25
Brazil 3.25
Chile 3.25
Slovenia 3.50
Mexico 3.67
Austria 3.75
Norway 3.75
Estonia 3.75
Russian Federation 3.75
Portugal 3.75
Portugal 4.00
Sweden 4.00
India 4.25
Indonesia 4.25
China 4.75

ということなので、やや厳しめと言うことは言えそうですが、「日本の順位は、最新データである2008年度版ではOECD加盟30カ国中第一位。」ということはなさそうです。

 さらにいうと、「REG5:Definition of justified or unfair dismissal」についていえば、

Australia0
Belgium 0
Canada 0
Switzerland 0
Czech Republic 0
Denmark 0
United Kingdom 0
Hungary 0
Ireland 0
Italy 0
New Zealand 0
Poland 0
Slovak Republic 0
Turkey 0
United States 0
South Africa 0
Israel 0
Iceland 0
Greece 1
Austria 2
Spain 2
Japan 2
Korea 2
India 2
Luxembourg 2
Netherlands 3
Germany 4
Finland 4
France 4
Portugal 4
Sweden 4
China 4
Slovenia 4
Estonia 4
Russian Federation 4
France 4
Portugal 4
Norway 5
Mexico 6
Brazil 6
Indonesia 6
Chile 6

ということですから、どのような解雇を「不公正」なものとするかについての基準が、日本において特に厳しいと言うことはないように思えてなりません。

 城さんは、次のように述べています。

もしここを見ているテレビ局の人がいるなら、お願いしたいことがある。
あなた方に公共心があるのなら、もうこの男は金輪際使わないで欲しい。

 公共心のあるテレビ局の人が金輪際使うべきでないのはいったい誰なのでしょうか。

« 石川議員の供述内容を知りうる立場の「小沢氏側の関係者」? | Accueil | どこかに就職しなければならないという考え方は古くはない »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/47429616

Voici les sites qui parlent de 公共心のあるテレビ局の人が金輪際使うべきでない人:

« 石川議員の供述内容を知りうる立場の「小沢氏側の関係者」? | Accueil | どこかに就職しなければならないという考え方は古くはない »

janvier 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31