« イレギュラーな事態に目をつぶることが許されない医師と弁護士の仕事は経済学者の仕事ほど単純ではない。 | Accueil | 内部留保は家計に回すべきか、資本家に回すべきなのか。 »

14/02/2010

社会的なdeadweight lossって何?

 池田信夫さんが次のようにつぶやいています。

法務コストは社会的なdeadweight lossで、生産性はマイナス。法的な紛争がなくなるように制度設計するのがベストだが、発生する場合はなるべく低コストでやることが望ましい。そういう非生産的な仕事の報酬が高いのは間違っている。

 しかし、「法的な紛争がなくなるように制度設計」しようというのは、「参入を自由にして事後的な監視をきびしくする」という「規制改革の基本的な考え方」とは適合しないように思います。

 そして、「参入を自由にして事後的な監視を厳しく」した社会においては、相当の投資と運用がなされてから紛争が顕在化しますから、事前規制中心の社会よりも、「駄目出し」された時の経済的なリスクが高まります。従って、事後規制中心の社会では、法律部門の提供するサービスの経済価値は高まることになります。実際、英米の企業が弁護士に支払う報酬は、同規模の日本の企業が弁護士に支払う報酬より、桁が2つから3つ(下手すると4つ)くらい違います。

 ところで、「法務コストは社会的なdeadweight loss」って、「deadweight loss」という概念を勘違いされていませんでしょうか。

« イレギュラーな事態に目をつぶることが許されない医師と弁護士の仕事は経済学者の仕事ほど単純ではない。 | Accueil | 内部留保は家計に回すべきか、資本家に回すべきなのか。 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 社会的なdeadweight lossって何?:

» deadweight lossを「死荷重」と訳すのは間違い [satolog]
la_causette:社会的なdeadweight lossって何? ところで、「法務コストは社会的なdeadweight loss」って、「deadweight loss」という概念を勘違いされていませんでしょうか。 勘違い何でしょうなあ。 大体、deadweight lossを文字通りに訳せば、「死荷重損失」になってしま... [Lire la suite]

« イレギュラーな事態に目をつぶることが許されない医師と弁護士の仕事は経済学者の仕事ほど単純ではない。 | Accueil | 内部留保は家計に回すべきか、資本家に回すべきなのか。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31