« テレビ局の公共性ゆえの営業の自由の制限 | Accueil | 「供述の任意性が争いとならない事件」か否か取調べ前にわかるの? »

17/06/2010

どこにもいない合理人

 池田信夫さんが、また変わったことを述べています。

生涯所得で考えると、人々の所得は勤労所得と引退後の年金にわけられます。一般に後者のほうが低いので、現役のとき高い所得を得ていた人でも、引退後は所得が低くなり、消費性向は上がる。人々が合理的に消費すると仮定すると、死ぬまでに所得をすべて使い切るので、生涯所得に対する消費税の比率は同じです。

 しかし、逆進性が問題となる程度に収入格差が大きな社会において、高額所得者でありながら、「死ぬまでに所得を全て使い切る」合理的な人々というのはかなり希な存在です。「死ぬまでに所得を全て使い切」らない人が多いからこそ、死亡時にそれなりに財産が残り、相続が発生するのです。

経済学者の世界では、「死ぬまでに所得を全て使い切る」合理的人間という新しい概念を持ち出すことにより消費税の逆進性を否定してみせると業績になるのかもしれませんが、一歩経済学者の世界の外に行くと、「人を小馬鹿にした議論」にしか見えないように思われてなりません。

 これを見る限り、池田さんだけが非現実的なわけではなくて、大竹先生も同程度のようですね。


【追記】

なお、池田さんが上記エントリーのコメント欄で次のように述べているようです。

「死ぬまでに使い切るという仮定は非現実的だ」とかいうコメントがたくさん来たので、すべて削除しました。その仮定が実証的にフィットしているのだから、死ぬときの遺産の残高は生涯にわたる消費の総額に比べると無視できるということ。

 そこで、国税庁のサイトに公開されているデータから、相続税申告されるような方は遺産残高がどの程度あるのかを調べてみました。







































年度課税価格(百万円)被相続人の数被相続人一人あたりの課税価格(円)

平成15年

10,358,210

44,438

233,093,524

平成16年

9,861,773

43,488

226,769,983

平成17年

10,195,255

45,152

225,798,525

平成18年

10,405,555

45,177

230,328,596

平成19年

10,655,731

46,820

227,589,299

平成20年

10,748,248

48,016

223,847,218

 ざっと計算して、一人あたり2億2〜3000万円の遺産を残してなくなっているということになりますね。この程度の遺産なんて「生涯にわたる消費の総額に比べると無視できる」と仰る池田さんは毎年いくらくらい消費されているのでしょうか。

« テレビ局の公共性ゆえの営業の自由の制限 | Accueil | 「供述の任意性が争いとならない事件」か否か取調べ前にわかるの? »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: どこにもいない合理人:

» 消費税をめぐる議論 [文理両道]
 ネットで、消費税をめぐる議論がアゴラなどを中心に活発化しているようだ。  小飼弾氏は、彼のブログ「404 Blog not found」で「より高収入の人の方が貯蓄にまわす率が高められるので、消費性向は高収入な人ほど下がる」ために消費税は累進的だと述べている。  これに対して、池田信夫氏は「アゴラ」で「人々が合理的に消費すると仮定すると、死ぬまでに所得をすべて使い切るので、生涯所得に対する消費税の比率は同じ」であると反論している。  この池田氏の反論に対して、小倉秀夫氏は、「la_cause... [Lire la suite]

« テレビ局の公共性ゆえの営業の自由の制限 | Accueil | 「供述の任意性が争いとならない事件」か否か取調べ前にわかるの? »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31