« ササクレ屋さんへの反論(中編) | Accueil | 最高裁判例の一人歩きの一事例(権利侵害の一見明白性) »

18/10/2011

GMO INTERNET GROUPあての意見書

 先ほどGMO INTERNET GROUPあてに以下の意見をお送りしました。


 御社のWhois Protect Serviceを利用しているユーザーの多くが、2ちゃんねるのミラーサイトを運営しているため、一度2ちゃんねるに名誉毀損コメントが投稿されると、そのコメントが御社の顧客のミラーサイトに転送されてしまいます。そうなってしまうと、御社のWhois Protect Serviceのせいで、転送された名誉毀損コメントの削除をどこに要求したらよいのかが分からなくなってしまいます。

 警察又は検察が動くまで御社を名誉毀損罪の共犯として刑事告訴し続けるという考え方もありますが、御社の誰かが処罰されることよりも被害者の一日も早い救済の方が優先されますので、せめて、実際に届くメールアドレスをwhoisデータベースに明記する、実際のドメイン保有者へのメール・書類の転送を行う等の妥協をしていただけないでしょうか。

 GMOは、そのサービスに伴う公害の除去に少しは目を向けるのでしょうか。

« ササクレ屋さんへの反論(中編) | Accueil | 最高裁判例の一人歩きの一事例(権利侵害の一見明白性) »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: GMO INTERNET GROUPあての意見書:

« ササクレ屋さんへの反論(中編) | Accueil | 最高裁判例の一人歩きの一事例(権利侵害の一見明白性) »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31