06/10/2016

カタリ派の陰を追って(1)

今年のバカンスを振り返ってみたいと思います。

準備

 今年のテーマは、「カタリ派の拠点巡り」です。

 なので、アルビジョワ十字軍の総大将であるシモン・ド・モンフォールを打ち倒した街、トゥールーズを拠点とすることをまず決めました。その上で、東京からどうやってトゥールーズまで行こうかを色々検討しました。その結果、どうもトルコ航空を使うと、イスタンブール空港経由で直接トゥールーズ空港まで行かれるようだ(しかも安いし、成田夜発だ)ということがわかり、Expediaを利用してまず航空チケットを押さえました。

 次に、拠点となるトゥールーズのホテルを押さえておく必要があります。今回は、Booking.comを使いました。行くのは8月終わりから9月初め。そして、最近は、欧州も猛暑となることがある。しかも、私は暑さに弱い。ということで、部屋にエアコンがついていることを最優先に考えました。あとは、中央駅のそばにするか、旧市街の中心部に近いところにするかを考えることになります(レンタカーを借りて動くのであれば、郊外の、設備の割にお値打ちのホテルにする手もあるのですが。)。旧市街から中央駅まで地下鉄で数駅で行かれそうだったので、旧市街地にホテルを取ることにしました。最終的に選んだのは、Hotel des Beaux Arts Toulouseです。新橋(Pont Neuf)の袂にあり、交通は至便、設備もなかなか、Booking.comで大幅ダンピングと好条件だったからです。一端は、「オーバーブッキングをしてしまったので、Hotel Garonneに行ってくれないか」とのメールが来たりしたのですが、その後、「やっぱり空室がでたので、こちらに来てはどうか」とのメールが来たので、結局、Hotel des Beaux Arts Toulouseに泊まりました。

 もっとも、土曜日出発だと、現地に着くのは日曜日。フランスだと、どうせ日曜日は美術館とレストランくらいしかやっていないので、初日は、鉄道に乗って奥に行こうと考えました。当初は、アンドラ公国に行こうと宿だけ先に取ったのですが、日曜日は交通機関もまばら運行なので、どうも宿に着くころには23時を過ぎてしまいそうだということがわかりました。次に、カタリ派最後の拠点、Montsegurで一泊するのも悪くないなと考えて、宿を取り替えてみたのですが、ここに行くにはFoix駅からタクシーに30分くらい乗らなければならないことがわかってきました。社会人なのでそのくらいの金銭負担は構わないのですが、「日曜日の夜、Foixというそれほど大きくない街でタクシーを呼んで、来なかったらどうしよう」という不安が頭をよぎりました。結局、カタリ派領主の1人、テルム伯の拠点であったAx les ThermesにあるDomaine de la Vallee d'Axを予約しておくことにしました。

(続く)

06/07/2009

事務所旅行at洞爺

 昨日は,事務所旅行ということで,ザ・ウィンザーホテル洞爺に行きました。

 さすがに,ミシェル・ブラスの料理は,前評判通り,とてもおいしかったし,それでいて健康的でした。一品ごとの分量は食の細い日本人に合わせつつも,最後,これでもかこれでもかとデザートが出てくるあたり,非常にフランス的だとは思いました。朝食のビュッフェも,フランスを意識しつつ,北海道の素材をきちんと生かしているあたり好感が持てます。まあ,ここはパンがおいしいので,西洋料理系は何をやっても様になります。

 ホテル内部は,洞爺湖サミットのメイン会場になったということもあって,各国首脳のメッセージを展示するなど相当サミットを意識しているようです。

 さすがに,このホテルに2泊するのは大変なので,長万部経由で小樽に向い,お寿司を食べたり,Liveを見に行ったりした後,札幌にたどり着いたところです。(私の事務所の事務所旅行って,完全現地集合,現地解散で,実際まとまって東京からやってきたり,まとまって東京に帰ったりとすることはしないのです。)。

17/10/2008

Aux Îles Marquises

 部屋を整理していたら,今年パリに行ったときに入ったおいしいレストランの名刺が出てきたのでご紹介。

 14区にあるAux Îles Marquisesは,魚介類料理主体(牛肉のステーキもメニューにあったけど)のフランス料理店であり,服装などで気を遣わずに入れるのに,お味はとても素晴らしいお店でした。LA GAITE通りは,日本食レストランもやたらと多いのですが,サーモンとツナ主体のお寿司(+焼き鳥)をそれらのお店で食べるくらいであれば,Aux Îles Marquisesでパリらしい魚料理をお勧めします(ここのブイヤベースは,かなり全う度が高かったですし。)。

 値段も,典型的な日本人の食事量であれば,30ユーロ程度で満足できる量の料理を注文できる(もっとも私は下戸なので,ワイン代は換算してませんが)ので,コストパフォーマンスは,パリにしてはとてもよいように思います。

09/07/2008

Nantesでも「日本の漫画」展

Palais_de_justice_en_nantes

 先日のフランス旅行ですが、いわゆる「ナントの勅令」で知られるNantesをベースとして、AngersやGuérande、La Baule等を回ってきました。フランスはいつどこでストが起こっても不思議ではないので、余裕を持ってParisに入りましたが。

 NantesのMusée de l'Imprimerieでは、丁度「日本の漫画」展をやっていました。日本の漫画の競争力は今なお健在です(ParisのFNACに入って、書籍コーナーに行ったときに、日本の漫画のフランス語訳バージョンがだだだと並んでいるのを見てさらに実感しました。フランス人が「焼きたて!!ジャぱん」のフランス語版を見ておもしろいのか、理解できませんでしたが、思い直すと、日本語の駄洒落がキーになっている話の多い一休さんですら受け入れられたのだから……という気がしないでもありません。)。

 お城としては、庭が整備されているのと、歴史的なタペストリーが展示されている分、Bretagne大公城よりAngers城の方が、回る価値は高いように思いました。

 多少TIPsを述べるとすると、Guérande城に行こうという場合、ガイドブックだけを見ていると、レンタカーを借りない場合には、Le Croisicあたりからタクシーに乗るしかないように見えますが、実は、La BauleやSaint-Nazaireから路線バスがでています(路線図はこちら)。La Bauleからタクシーに乗っても(地図を見る限り、CroisicよりLa Bauleの方がGuérandeから近い)19ユーロくらいで済みましたのでそれほどでもないのですが、あの辺りでは電話をかけてタクシーを呼ばないとタクシーがきませんので、「折角だから塩田巡りもしたい」というのでない限り、バスの方が楽かなと思いました。

 レストランについては、フランスはどこに行っても困ることはあまりないのですが(スパゲッティを食べようとさえ思わなければ、ですが)、AngersのLionelは、アジア系のテイストを生かしたさっぱりして料理でおいしかったです。私はランチタイムに入りましたが、酢をきかせた椎茸入りの混ぜご飯に、サーモンのタルタルで、全体的にレモンで香り付けをしてありました。

 また、Parisで宿泊したホテルの2軒隣のレストラン(旅の荷物の中に名刺が紛れてしまいまして、名前を思い出せません。)も、夜にぷらっと行って、28€のプリフィックスをいただいたところ、まだホワイトアスパラガスが出てきましたが、驚くほどおいしかったです(しかもChateldonの1リットルボトルを5€で提供する太っ腹ぶりです。)。

18/08/2007

小倉は小倉に

 昨日、佐世保簡裁でお仕事をしてきたついでに、今日は、小倉→門司港によって、新北九州空港から羽田に帰ることにしました。

 城を見ると天守閣に上りたくなる人なので、小倉城の天守閣にも上ってきましたKokura_shross_2 。また、近くに松本清張記念館があったので、そこも訪れました。

 その後、門司港に行き、話題の焼きカレーを食べてきました。「焼きカレー」って結局カレードリアではないかとは思いましたが、まあ、おいしいと言えばおいしいです。ただ、門司港駅の駅舎のレストランで提供していた「しゃぶしゃぶカレー」の方が面白かったかなあという気がしないではありません。

 新北九州空港は、海に囲まれたきれいな空港ですね。小倉駅前のバスステーションから、3〜40分で着くので、小倉周辺の方々には許容範囲内の位置でしょうか。その後福岡以西に行くには、新幹線又は特急を使うことになるので、ANAの早割がとれなかったこの時期以外は、結構割高になってしまいそうですが。

17/06/2007

大隈候の生家

 14日木曜日に大阪高裁で判決の言渡しに立ち会った後福岡に行き、リッチモンドホテル天神福岡に宿泊し、15日木曜日に佐世保簡易裁判所で調停期日に出頭し、その後西海橋コラソンホテルに宿泊し、翌16日に佐賀に寄ってOokuma大隈重信候の生家等を見学して、福岡空港から羽田経由で自宅に帰ってきました。

 コラソンホテルは景色はよいし建物は悪くはないのですが、室内LANはないし、ロビーに無線LANは通じていないしということでネット環境に問題がある(PHSの電波は届いていたので、W-ZERO3経由でメールの送受信はできていたのですが)のが非常に不便でした。建物の外装にお金をかけるのもいいですが、今時のホテルはネット環境の構築にもお金をかけないとつらいのではないかと思うのです。少なくとも、ビジネスの前日から乗り込むホテルとしてはネット環境が整備されていないホテルは問題外ですし。

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31